短評:酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫)
鴨志田 穣

講談社 2010-07-15
売り上げランキング : 1235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルコール依存症で離婚。10回の吐血。再飲酒。ついにアルコール病棟に入院することになった、元戦場カメラマンの「僕」。そこで出会った個性的な面々との生活が、僕を変えた。うちに帰りたい―。依存症を克服し、愛する元妻、子供たちとの時間を取り戻したが、そこには悲しい現実が…。笑って泣ける私小説

  • 「おサケについてのまじめな話」を読んだので、西原理恵子の元夫が書いたこちらも読んでみた。
  • 依存症患者本人が、体験を基に書いているだけあって、実際を知らぬ私としてもリアルに感じる描写の迫力がすごい。それに、面白い。

「内臓も血液データも、よく歩いていられるなと、不思議になるくらいボロボロです。」
……
手はぶるぶると震えているが、一杯、二杯とカップ酒を一気にあおると、指の震えも"ピタリ"と止まる。
それが毎朝、一番最初にする行為だった。
……
(入院した病棟で「火曜日はカレーの日」なのに、一人だけ全がゆで)
「あの、僕、カレーじゃないんですか」
「はい…。先生の指示が出ているものですから」
『カレー食わせろ』
と怒鳴りたかったが、あまりにも大人げないので、ここはひとつ我慢した。
……
精神科医との面談で)
「話は長くなるんですが…」
「どうぞ、ゆっくり」
「九州の鹿児島を取材旅行していたときに、妻から電話がありまして」
「それで」
「妻が電話口で、決意を感じさせる声で、『しばらく帰ってこないで』って言ったんです」
「うーん、こまったねえ」
「あの、先生、ちょっといいですか?」
「何ですか」
みのもんたに電話しているような気分になっているんですが」
「えっ、それは、ワハハッ。失礼しました。ちゃんと精神科医として聞いていますので」
……

  • また、依存症がもたらす、さまざまな症状の様子もおそろしく、*1青少年の課題図書にでもして、アルコールの脅威について広く教育するべきではないかと思った。何せ、病名や症状が出てくる出てくる。食道静脈瘤破裂、幻覚、譫妄、肝硬変、肺気胸(肺に穴が空いて、空気がもれている病気)、それに骨折。デカダンは命がけなのだ。やらない方がいい。
  • 本作は映画化されている。2010年12月4日公開予定。主演は浅野忠信永作博美

*1:飲む人は何をして飲むだろうし、これを読んで「こんな状態からも脱出できるんだ」「家族は優しくしてくれるんだ」と勘違いするかもしれないが

短評:アイの物語

私たちはみんな、フィクションから生まれた。


アイの物語 (角川文庫)アイの物語 (角川文庫)
山本 弘

角川グループパブリッシング 2009-03-25
売り上げランキング : 23401

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介/Amazonより
人類が衰退し、マシンが君臨する未来。食糧を盗んで逃げる途中、僕は美しい女性型アンドロイドと出会う。戦いの末に捕えられた僕に、アイビスと名乗るそのアンドロイドは、ロボットや人工知能を題材にした6つの物語を、毎日読んで聞かせた。アイビスの真意は何か?なぜマシンは地球を支配するのか?彼女が語る7番目の物語に、僕の知らなかった真実は隠されていた―機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語

  • オムニバス形式で構成された中編小説。それぞれの短編は、単独で読んだならば、それなりの印象しか残らなかったかもしれないが、アイビスが語ることで、より強くインパクトを感じた。
  • 私はフィクションばかりを読んできた。「本当のこと」ではなく、「リアルに思えるストーリー」を重視している。事実じゃなくていい。説得力さえあれば。夢物語や絵空事に没頭する自分を、大人気なく思うこともある。それでも、私はフィクションの世界から離れられない。そんな私がこういう物語を読むと、もう励まされちゃって、ますます大人気なくなっちゃうね。
  • 物語の力を再考する一冊。詳しくは語るまい。読むべし。

短評:帰りたくないー少女沖縄連れ去り事件

帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件 (新潮文庫)帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件 (新潮文庫)
河合 香織

新潮社 2010-05-28
売り上げランキング : 186122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介/Amazonより
家には帰りたくない―47歳の男に連れ回され、沖縄で保護された10歳の少女はそう言った。親子のように振る舞い、時に少女が主導権を握っているかのように見えた二人の間に、一体何があったのか。取材を重ねるにつれ、少女の奔放な言動、男が抱える欺瞞、そして歪んだ真相が明らかになる。孤独に怯え、欲望に翻弄される人間の姿を浮き彫りにするノンフィクション。

  • 親の悪夢とでも言うべき事件のルポルタージュ。と思いながら読み進める内に、ストーリーが「親」どころか「家族」に対する呪いのように感じられて怖ろしくなった。「パラノーマル・アクティビティ」の予告を見ても、さっぱり怖くなれない私だが、この本は怖い。
  • (自分が優位に立った上で)大人の注意・関心を引くためなら、何でもする少女。それに従うようにしつつ、実は自らのタナトス*1に少女を巻き込む男。全てを捨てて逃げ続ける母親。いったい、どこまで遡れば、彼女たち全員が幸福になれただろう。
  • 事件の表層から深部へと分け入る構成が見事。文庫化に際して加えられた「それからの二人」も、その構成を崩していないのが、運命とすら思われて、なお恐ろしい*2

*1:フロイトの用語。攻撃・自己破壊に向かう死の本能を指す。/大辞林より

*2:単行本刊行が平成19年12月。本書の発行は平成22年6月。

短評:おサケについてのまじめな話

アルコール依存症は患者がかわいがられない病気です。
おそろしい、にくらしい病気でした。
私は彼を憎んで 逃げまわるのにせいいっぱいでした。
そういう病気でした。


でも、病気なのだから 専門の医師が対応しなければいけません。
家族だけでは戦えません。

私はもっぺん生まれかわっても
やっぱり鴨ちゃんと一緒になってると思う。
そいでやっぱり鴨ちゃんは依存症になって
二人は大ごとになるんだろうけど、
でも今の私には知識があるから。
正しい治療法を知ってるから。


大丈夫。
もう憎まない。

西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気
西原 理恵子

小学館  2010-07-01
売り上げランキング : 1617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介/Amazonより
アルコール依存症は、軽症のうちほど回復しやすい病気です。ところが病気の症状や治療について、また、重症化したときのおそろしさなど、一般的な知識や理解が十分だとは言えません。
本書は、元夫のアルコール依存症に悩んだ漫画家・西原理恵子さんと、青年期に自身が若年性アルコール依存症になった経験をもつ月乃光司さんの二人が、それぞれ家族と当事者という立場から、この病気について語りあいます。かかってからでは治療が困難なアルコール依存症について、多方面から解説した、わかりやすくためになるガイダンスです。
巻頭漫画、巻末には相談先リスト入り。 

編集担当者からのおすすめ情報
★漫画家西原理恵子さんの元夫鴨志田穣氏(故人)が最期に遺した小説『酔いがさめたら、うちに帰ろう』(スターツ出版)が映画化され、2010年秋公開されます。本書と表裏をなす内容ですので、ぜひおすすめです。

続きを読む

DVDで覚えるシンプルバレエジュニア〈Lesson1〉ストレッチからバー・レッスンまで

DVDで覚えるシンプルバレエジュニア〈Lesson1〉ストレッチからバー・レッスンまでDVDで覚えるシンプルバレエジュニア〈Lesson1〉ストレッチからバー・レッスンまで
牧阿佐美バレエ団= 牧阿佐美バレヱ団

新星出版社  2005-08
売り上げランキング : 11903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらは、DVD目当てで購入。イラストより、断然実践的であろう、と期待したのだ。
しかし、こっちはしばらく使えそうもない。というのも、実演する子供が上手すぎて、参考にしかならないのである。理想型は分かるが、どーやったらそこにたどり着けるかというと、毎日毎日練習をしてこそなのだ。「左右の足を開いてすわります」と言われても、まだそこまでは開きません……という申し訳ない気分になる。
内容はよろしいので、いずれ便利に使いたいと思う。

みんなのバレエ・ストレッチ

ということで、バレエ入門したかん子さんだが、家で何をしたらいいのか分からない。いっちにー、さんしーと柔軟体操をしていても、すぐに飽きてしまう。しかし、鬼軍曹先生は「週一回教室に来たら、うまくなれると思うな。家でも練習するのだ」と言っていた。もっともである。
そこで、いつでも何でも本に頼る私は、さっそく検討した結果、2冊の実用書を購入した。


みんなのバレエ・ストレッチみんなのバレエ・ストレッチ
小野 恵理 川瀬 美和

新書館  2009-03
売り上げランキング : 39315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まずは、全編イラストで解説される「みんなのバレエ・ストレッチ」。47ページと薄く、20×25センチと大きめなので、床に開いて置き、それを見ながら運動できるのが便利。
イラストだと分かりにくいかもしれない、と不安だったのだが、杞憂であった。明快かつ丁寧な説明で、読み上げながら体を動かすと、すんなり理解できる。(体は付いていかないが、やりたいことは分かる。)それぞれのストレッチが、どこの筋肉を伸ばすためのものなのかが書いてあり、そこを意識して行うことで、できないなりにじわじわと体が柔らかくなっていく実感がある。
特に指導方法に感嘆したのが、脚を前後にぺたーんと開く「スプリッツ」の訓練法である。立ち上がり、体重を垂直にかけつつ、左右の脚を前後にじわじわ滑らせて開いていっても、そんなには広がらない。本書の方法は、両膝立ち→右脚を一歩前に→前傾し、両手で体を支えて、右脚を前に滑らせる(左ひざはついたまま)→左脚の腿の前を伸ばすようにしながら、後方に滑らせていく……というものだ。かん子さんはこれを6日間続けた結果、まだまだぺたーんではないが、かなり脚が開くようになった。やはり、できるようになると嬉しいようだ。
こども向けだが、初心者なら大人でも充分いい運動になる。てゆーか、私も付き合ってやっているが、全然できない。頑張りすぎたら、腰が痛くなった。無理は禁物である。

短評:ザ・ストレイン

ザ・ストレインザ・ストレイン
ギレルモ・デル・トロ チャック・ホーガン 大森 望

早川書房  2009-09-10
売り上げランキング : 175670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介/Amazonより
2010年9月、ニューヨーク・JFK国際空港で旅客機が着陸直後に外部との無線連絡を絶ち、照明を消し、すべての電気系統を落として誘導路上で沈黙した。人質事件の懸念から突入したレスキュー隊が発見したのは、二百名近くの乗客が席に着いたまま静かに息絶えている姿だった…。バイオテロの可能性から、当局はCDC(疾病対策センター)の特別班を召集する。チームを率いる疫学者イーフリアムは最愛の息子と過ごす貴重な週末をきりあげて空港に急行し、機内のバイオハザード調査に入るのだった。事件の原因究明にあたるイーフはやがて、この悪疫がいくつもの家族と社会秩序を引き裂き、猛烈な勢いで蔓延していくさまを目の当たりにする。それは同時に、太古の昔から地球に生きる、ある忌まわしい種族の復権を意味していた―アカデミー賞映画監督ギレルモ・デル・トロが長年あたためてきたアイディアを惜しまずそそいで贈る極上のスリル。全米ベストセラー・リストランクイン、世界21カ国で翻訳決定の傑作ノンストップ・パンデミック・スリラー。

  • とゆーことで、上記紹介を読んで興味を持った方は、以降を読まないでください。そして、私と同じ気分を味わってください。
続きを読む